ワクワクメールとは?評判や口コミ体験談、料金、特徴を解説

ワクワクメールとは?

ワクワクメール2001年創業で、20年以上も運営を続けている老舗の出会い系サイトだ。累計会員数も900万人を超えており、かなり大規模なサイトである。そんなワクワクメールの特徴や他サービスと比較したメリット、料金などを、ポイントを押さえて解説しよう。

なお人気の出会い系サイトは、下記の記事でまとめてある。

もしもパパ活目的の場合は、出会い系サイトよりもパパ活アプリがおすすめだ。下記の記事も併せて参考にして欲しい。

目次

ワクワクメールとは

ワクワクメールは2001年創業と、出会い系サイトの創成期を支えてきた老舗のサイトである。出会い系サイトにあるべき機能は一通りついており、バランスの良いサイトだ。サイトでもアプリでも利用できるから、好みに合わせて使うと良いだろう。

ワクワクメールは安全?

出会い系サイトといえば、安全性は気になるところだ。しかしワクワクメールは老舗の企業だけあり、24時間監視体制を敷いているのはもちろん、JAPHIC認証を取っているなど個人情報保護にも力を入れている。サービス概要は下記の通りだ。

サービス名ワクワクメール
企業情報有限会社コロン
東京都港区六本木7丁目5-11
(運営委託:株式会社ワクワクコミュニケーションズ)
本人確認あり
監視体制24時間
インターネット異性紹介事業届出第96090001000号
総務省 第二電気通信事業届出番号 A-21-10852
商標登録『わくわくめーる』商標登録第4791362号

\ 無料で始める /

※ワクワクメールは18歳以上(高校生を除く)から利用可能です。

ワクワクメールの特徴

ワクワクメールを他社と比較したときの目立った特徴は、下記の3点だ。何はともあれ、この特徴を押さえておこう。

  • 累計登録者数900万人超えで利用者が多い
  • 動画やボイス機能あり
  • 日記やつぶやきなど無料コンテンツも多い

累計登録者数900万人超えで利用者が多い

ワクワクメールはかなり利用者数が多い。累計会員数で言えばもっと多い出会い系サイトもあるが、ワクワクメールは特に中身が盛り上がっている印象だ。都内はもちろん、地方でも遊び相手を探したいなら、ワクワクメールはまず候補に入れると良いだろう。

動画やボイス機能あり

ワクワクメールでは、動画やボイス関連の機能が豊富だ。プロフィールや掲示板に動画を掲載できるのはもちろん、サイト内で電話番号を交換せず通話ができる機能もあり、文章のコミュニケーションが苦手な人でも出会いを探しやすくなっている。

日記やつぶやきなど無料コンテンツも多い

日記を書いたりつぶやいたりしているコミュニティ機能は、基本的に無料で使える。男性からすると掲示板やメッセージなどポイントを消費するコンテンツしかなければ楽しさが半減するが、ワクワクメールは普段使いとしても楽しいサイトである。利用者が多いのは、無料コンテンツが多いのも影響していそうだ。

ワクワクメールの評判は?口コミ体験談を掲載

ここでは、ワクワクメールの評判についてまとめた。SNSのつぶやきや、当サイトに寄せられた体験談をもとに、評判情報を掲載していく。

ワクワクメールの良い評判や口コミ

男性利用者

ワクワクメールにもポイントを貯めて景品に交換できる制度がありますが、管理がしっかりされているためか、他サイトに比べて冷やかしは少なめ。出会い探しに熱心な女性が多いということでありこれも出会いやすさを支える強みです。
出典:Twitter

男性利用者

ワクワクメールは若い女性から人妻までバランス良く登録されてるんでめちゃくちゃオススメ!
勿論ハマる地域、ハマり辛い地域がありますが必ず登録すべきサイトです
出典:Twitter

女性利用者

ワクワクメールで出会った男性に日々癒されてます。
毎日お互いの空いた時間にメールをやり取りしてるだけなんですが私にとって物凄く楽しい時間であり癒しの時間です。
ワクワクメールのお陰で毎日がワクワクです
出典:Twitter

ワクワクメールは、他の出会い系サイトと比べるとサクラや業者の被害が少ない印象だ。遊び相手を探すにはピッタリなサイトである。

ワクワクメールの悪い評判や口コミ

女性利用者

なんでワクワクメールブロックしてるのにメッセージくるん? 本当嫌。 ってゆうか送ってくるなよほんましつこい腹立つ
出典:Twitter

ワクワクメールは機能が多い分、使いこなせていないと困ることがあるかもしれない。上記利用者は、おそらく設定を間違えている。

男性利用者

ワクワクメールでLINEまで持って行けたホステスらしい人。
顔合わせでそのままあわよくばと思いましたが、あまりに違いすぎる・・・。
疲れが溜まってることを言い訳にし、5分ほどで解散!
電話魔ということもあり、そっとブロックしておきました。
出典:Twitter

ワクワクメールには業者やサクラは少ないものの、写メ詐欺は存在する。これはどんな出会い系サイトでもマッチングアプリでも同じだ。見極める目を養おう。

ワクワクメールの料金プラン

次にワクワクメールの料金プランを見ていこう。ポイントの使用先や支払い方法まで解説していく。

ワクワクメール料金表

ワクワクメールは「女性から男性」へ利用する際は基本無料(※)だ。一方で男性が利用するとき、あるいは女性から女性へ利用する際は、各機能を使うのにポイントが必要になる。基本「1ポイント=10円」の換算になるが、まとめて購入すると「サービスポイント(S)」のおまけがつく。料金表は下記の通りだ。

ポイント料金(税込)
100P1,000円
200P+10S2,000円
300P+20S3,000円
500P+50S5,000円
1000P+150S10,000円
2000P+500S20,000円
3000P+1000S30,000円
4000P+1500S40,000円
5000P+2700S50,000円

※掲示板の一部機能は女性も有料

ワクワクメールの機能と必要になるポイント

次に、ポイントの用途をまとめた。すべて税込料金で記載している。

機能消費ポイント
プロフィールを見る無料
プロフィール画像を見る2P
(20円)
プロフィール動画を見る3P
(30円)
プロフィールのボイスを聞く5P
(50円)
「いいね」を送る2P
(20円)
伝言板を全体に公開1P
(10円)
伝言板を相手にのみ公開2P
(20円)

ワクワクメールの支払い方法

ワクワクメールは、かなり豊富な支払い方法が用意されている。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ゆうちょ銀行
  • paidy後払い
  • スポンサーサイト登録

どちらにせよ、まずは無料で始められるから、サービスが気に入ったら課金すると良いだろう。

\ 無料で始める /

※ワクワクメールは18歳以上(高校生を除く)から利用可能です。

ワクワクメール利用の流れ

では実際に、ワクワクメールを利用していこう。登録自体は無料だから、まずは登録してみて、気に入ったらポイントを購入して利用してみて欲しい。

まずは公式サイトから登録

まずはワクワクメール公式サイトから登録しよう。電話番号で認証すればすぐに登録できるから、まさに30秒くらいで完了だ。

プロフィールを設定する

次にプロフィールを設定する。何はともあれ、出会うには相手からプロフィールを見られることになるから、写真も含め一通り登録しておこう。日常的に使うなら、日記を書いていくのも良い。

掲示板で募集する or 募集に乗る

ワクワクメールでは、基本的には掲示板で相手を探すことが多い。掲示板で募集している異性を探すのも良いし、自分で募集しても良い。ボイスや動画も掲載できるから、積極的に利用していこう。

条件が合えば、デートや食事へ

メッセージのやり取りをしたり、通話をしたりして意気投合したら、デートに進もう。ワクワクメールは遊び相手を見つけるのにぴったりだから、ぜひ上手に利用してほしい。

\ 無料で始める /

※ワクワクメールは18歳以上(高校生を除く)から利用可能です。

結論

ワクワクメールは利用者も多く、掲示板の募集も活発な出会い系サイトだ。真剣な恋活というよりも遊び相手を探すのに適している。ぜひ積極的に募集して、良い相手を見つけよう。

仲間のパパやPJに教えてあげよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パパ活ヤリタイ編集部。パパ活をやりたい初心者パパと女性のために、パパ活アプリの情報を発信している。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・当サイトはアプリやサービスの情報提供を目的としており、サービスへの登録を斡旋するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
目次
閉じる