シュガーダディの登録方法を写真付きでわかりやすく解説【2022年6月アップデート対応】

今回は人気のパパ活アプリ「シュガーダディ」に登録する方法と、登録後に設定しておきたいことをわかりやすく解説していく。

なおシュガーダディは、2022年6月のリニューアル後から登録方法が少し変わった。当記事では最新情報をまとめてあるから、手順通りに進めるだけで、スムーズに相手を探すところまで簡単に辿り着けるはずだ。

ぜひこの記事を参考に、シュガーダディを利用していってほしい。

目次

筆者プロフィール

ナカタ
パパ活アプリ無料案内所:所長
1978年生まれ。独身。早稲田大学卒。某大手人材企業で10年働いた後に、IT関連事業で起業。
2015年頃からパパ活を始め、これまで累計で100人以上の女性と会ってきた。現在は定期の30代女性1人と毎週食事にいき、たまに一緒に遠出をしてゴルフや旅行を楽しむ生活をしている。
気軽に稼げると勘違いしてパパ探しを始める女性や、簡単にヤれると勘違いして始める男性へと、パパ活のリアルを届けたいと思っている。

シュガーダディの登録方法

さっそくシュガーダディの登録方法を解説していく。

手順は簡単で、下記6ステップだ。

  1. シュガーダディ公式サイト「新規登録」へ進む
  2. 電話番号を入力する
  3. パスワードを入力する
  4. 確認コードを入力する
  5. ユーザー情報を入力する
  6. 登録完了

1. シュガーダディ公式サイト「新規登録」へ進む

シュガーダディ公式サイト

まずはシュガーダディ公式サイトの、新規登録画面へ進もう。「無料登録」ボタンを押しても、同じ登録画面に進むことになる。

2. 電話番号を入力する

シュガーダディのアカウント登録に使う電話番号を入力しよう。

このあとSMS(ショートメッセージ)で確認コードが送られてきて、本当に使われている電話番号なのか確認が入るため、基本的には「090」「080」「070」いずれかで始まる携帯番号である必要がある。

(050などの無料番号ではSMSを受信できないため、不可である)

ログイン情報として毎回使うから、自分の持っている正しい電話番号を入力しよう。

3. パスワードを入力する

次に、ログインに使うパスワードを設定する。とくに使う記号や文字数に制限はないが、他者から推測されにくいパスワードにしておくことをおすすめする。

ここで入力したパスワードと、先ほど入力した電話番号が、ログインするときに必要な情報になる。

4. 確認コードを入力する

パスワードを入力したら、確認コードを入力する画面になる。

最初に入力した電話番号に向けてSMSが届いているはずだから、確認しよう。

送られてきたコードを、下記の画面で入力する。

「次へ」を押して、もし間違っていれば再入力画面になる。正しいものを入力して次へ進もう。

5. ユーザー情報を入力する

電話番号の確認が終われば、ユーザー情報(プロフィール)入力に進む。

ここでは性別によって少し項目が変わる。まず男女いずれかを選ぶと、下記のように男女わかれた入力画面が表示される。

すべて必須項目だから、もれなく入力しておこう。

男女の主な違いとして、男性には「年収」入力欄があり、女性には「出会うまでの希望」欄がある。

とくに「性別」「ニックネーム」「生年月日」「年収」だけはあとから変更できないから、かならず正しいものを入力しよう。

なおニックネームは他の人と同じものは使えないため、名前の後に適当な数字をつけて登録してしまいがちだが、相手から見た印象がどうなるかよくよく検討すると良い。

「自己紹介文」はあとからでも修正できるから、まずは簡単に挨拶程度を入力するだけでも問題ない。一通り入力すれば「入力内容を確認」へ進もう。

6. 登録完了

入力内容を確認して間違いがなければ、利用規約を確認して「登録」を押せば完了。

繰り返すが「性別」「ニックネーム」「生年月日」「年収(男性のみ)」だけは退会して再登録しない限り変更できない。ここだけは間違いがないか慎重に確認しておこう。

「利用を開始する」を押せば、そのままシュガーダディにログインできる。

シュガーダディ登録後に設定しておきたいこと

シュガーダディに登録できたら、必要な設定を済ませておこう。

良い出会いを探す前準備として、下記5つのポイントをチェックしてみてほしい。

  • 写真を設定する
  • プロフィール文をあらためて設定する
  • 本人認証を済ませる
  • 年収証明を済ませる(男性のみ)
  • 「デート可能日」を登録しておく

写真を設定する

他の会員と差別化できるポイントは、やはり「写真」だ。写真がなければ出会えるものも出会えないから、何はともあれ自分の顔写真などを設定しよう。

基本的には「顔写真」「スタイルがわかる写真」「横顔がわかる写真」「その他趣味をしている写真」の4枚セットがおすすめだ。

どうしても身バレが心配ならマスクやサングラスなどを付けて撮っても良いが、良い相手と出会いたいなら、かならず何かしらの写真は設定しておくことをおすすめする。

プロフィール文をあらためて設定する

プロフィール文をとりあえずで設定していた場合は、できるだけモテる自己紹介文に調整しておこう。

相手からすれば、まずは写真が目に入ったあとにプロフィールを見にくる。ここで「まともそうな人だ」と判断されれば、そこからメッセージのやり取りが始まる。

プロフィールを適当にすると「足跡だけは沢山つくのに出会えない」という状況になりやすいため、しっかりと設定しておこう。

本人認証を済ませる

シュガーダディでは「本人認証」が取り入れられている。

身分証を提示して年齢や本人の確認が取れなければ、他の会員へのメッセージが送れない仕様になっている。これがシュガーダディが安心して使える理由でもある。

女性は身分証を提出すれば本人確認になる一方で、男性はクレジットカードで支払えばそれが本人確認になってお手軽だ。

何はともあれ認証を済ませておこう。

年収証明を済ませる(男性のみ)

男性側にだけ「年収証明」という機能がある。

自身の年収を証明できる書類を運営に提出することで「ダイアモンド会員」のマークがつき、プロフィールに設定してある年収が本物である証明になるのだ。

(反対に言えば、年収証明をしていない男性の「年収欄」は、いくらでも嘘をつけてしまう)

やはり女性からすれば、年収証明を済ませてあるダイアモンド会員の方に圧倒的な魅力を感じるものだ。本気で相手を探すなら、年収証明まで済ませておくことをおすすめする。

なお年収証明は、年収が600万円以上ある場合にのみ申請できる。

「デート可能日」を登録しておく

シュガーダディでは「デート可能日」を登録できるようになっている。

ここで設定しておくと、相手がプロフィールを見たときに「この日に会えるんだな」とわかるし、検索するときの条件にもできる。

登録されている方がアポ取りまでスムーズに進みやすいから、予定がわかる範囲で、できるだけ登録しておくと良いだろう。

その後は下記の記事も参考に、シュガーダディを使って異性を探していこう。

シュガーダディの登録に関する注意点

最後に、シュガーダディを登録する際に注意しておきたいことをまとめた。

登録後に変更できない項目だけは間違えないよう注意

何度も繰り返すが、シュガーダディでは「性別」「ニックネーム」「生年月日」「年収」の4項目は後から修正できない。

もし間違えた場合は退会と再登録が必要になるから、必ず確認してから登録しよう。

もし間違いが発覚した場合は、下記の記事も参考に退会と再登録をしてみてほしい。

確認コードが送られてきたSMSは削除推奨

登録するときに確認コードが送られてきたSMSは、削除しておこう。

送信元に「SugarDaddy」と表示されてしまっているから、もしもスマホを誰かに見られたときなど、何かの拍子で見られたら身バレに繋がる可能性がある。

はやめに削除推奨である。

シュガーダディ登録方法まとめ

シュガーダディの登録は、電話番号さえあれば簡単だ。

シュガーダディ登録方法
  1. シュガーダディ公式サイト「新規登録」へ進む
  2. 電話番号を入力する
  3. パスワードを入力する
  4. 確認コードを入力する
  5. ユーザー情報を入力する
  6. 登録完了

登録して一通りの設定を済ませたあとは、実際に相手を探していく楽しい時間の始まりだ。シュガーダディの色々な機能を使って、良い相手との出会いを探していこう。

仲間のパパやPJに教えてあげよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次