パパ活のやり方を男性向けに解説。いい女を抱くには食事のみから始めるべし

今回は男性向けに、パパ活のやり方を解説していく。女性厳禁だ。

そもそもパパ活を「簡単に若い女とヤレるツール」だと勘違いしている男は、間違っているから大人しく風俗に行け。ただ金を払ってヤるのは売春であり、パパ活ではない。

パパ活は、余裕のある男にだけ許された大人の遊びである。

本当のパパ活のやり方と楽しみ方を教えよう。

目次

筆者プロフィール

ナカタ
パパ活アプリ無料案内所:所長
1978年生まれ。独身。早稲田大学卒。某大手人材企業で10年働いた後に、IT関連事業で起業。
2015年頃からパパ活を始め、これまで累計で100人以上の女性と会ってきた。現在は定期の30代女性1人と毎週食事にいき、たまに一緒に遠出をしてゴルフや旅行を楽しむ生活をしている。
気軽に稼げると勘違いしてパパ探しを始める女性や、簡単にヤれると勘違いして始める男性へと、パパ活のリアルを届けたいと思っている。

パパ活のやり方を男性向けに解説

まずは基本的なパパ活のやり方を解説していく。

まったくパパ活に関する知識がなければ、まずはこの手順に沿って第一歩を始めてほしい。

  1. パパ活サイトに登録する
  2. 支払いと本人確認を済ませる
  3. プロフィールを仕上げる
  4. 女性からのアプローチを選り好みする
  5. 条件を決めて顔合わせ・食事のアポを取る
  6. 顔合わせ当日に今後の話をする
  7. 定期的にサポートしたい娘と出会うまで続ける

1. パパ活サイトに登録する

パパ活を始めるときには、何はともあれパパ活サイトを利用する。

もし知り合いに先輩のパパがいるなら、その男性からおすすめサイトを聞けばいいし、なんなら直接紹介してもらうのもいい。しかし知り合いがいないなら、今はサイトが一番だ。

なお一般的な出会い系サイトやマッチングアプリでは、パパ活相手を募集すればすぐに強制退会になるため、専門サイトを使う必要がある。

パパ活用のサイトで国内随一のネームバリューを誇るのが、シュガーダディだ。時点でペイターズラブアンに続く。

まずはこの辺りのサイトに登録するところから始めよう。

2. 支払いと本人確認を済ませる

サイトに登録したあと、まずは支払いをする。

どのパパ活サイトも、男性は月額5,000円〜程度の費用がかかる。その代わりに「男性優位」なシステムが用意されており、パパ活サイトにおいて男は女性を選ぶ側だ。

ちなみに多くのサイトでは、クレジットカードや銀行振込で支払うことで本人確認まで済ませられる。

なお「年収証明」というシステムが採用されているサイトも多く、利用すればさらに女性からモテるようになるから、必要であれば活用するといい。

3. プロフィールを仕上げる

一通りの手続きを済ませれば、プロフィールを仕上げておこう。

写真はどうしても難しければなくても構わないが、やはりあった方が女性の集まりは良い。それよりも大切なのは「自己紹介文」だ。プロフィールの文章は丁寧に用意しておいた方が、より質の高い女性からの連絡が多くなる。

丁寧で知性を感じさせるプロフィール文を用意しておくことで、同じようにまともな女が集まってくるのだ。

4. 女性からのアプローチを選り好みする

登録を済ませてプロフィールを仕上げれば、正直なところ女性からのアプローチが腐るほどくる。入れ食い状態である。

いまパパ活サイトは男性が足りておらず、本当に女性が多いのだ。

写真やプロフィール、メッセージの内容を見て、会ってみたい(サポートする候補にしたい)と思える女性とメッセージで連絡を取っていこう。

知性があって質の良い女性を見分けるコツは、下記の記事にまとめてある。

5. 条件を決めて顔合わせ・食事のアポを取る

メッセージでは、まずは挨拶を交わしたあとに、顔合わせの条件交渉に入る。

マッチングアプリの恋活のように甘い会話を交わすことはなく、パパ活サイトのメッセージはビジネスライクだ。

  • メッセージで変に世間話ばかりしようとすると、相手から「サイトの目的をわかってないオヤジ」と思われてしまう可能性もあるから注意が必要である。

「パパ活の目的」「顔合わせのお手当条件」の擦り合わせができたら、あとは日程や待ち合わせ場所を決めてアポイント完了だ。

6. 顔合わせ当日に今後の話をする

顔合わせは、いわば面接の場だ。基本的には男性が女性を品定めする場だが、もちろん女性側からも見定められる。

普通に楽しく会話ができるか、ある程度世間話を交わしたあとに、具体的にどんな会い方をしていきたいのか、どんなお手当を希望しているのかという話をする。

金の話をするのは少々気まずいかもしれないが、パパ活をする女性には大前提として「稼ぐ」という目的があるから、そこを叶えられない限り男性に需要はない。

ここは歳上の余裕を見せて、気まずくならない会話の進め方を見せてあげてほしい。

7. 定期的にサポートしたい娘と出会うまで続ける

顔合わせをして「定期的に会いたい」「サポートしたい」と思えたら、定期的に会ってデートを楽しむと良い。

もしイメージと違ったなら、そこで放流して別の女性を探していこう。

一人目からいきなり最高の女性と会えることは稀だから、長い目で見て3人、5人、10人と会ってみるといい。それはそれで面白いはずだ。

「この子なら」と思える女性と出会えたなら、ぜひ定期的にサポートしてあげよう。

\ 無料で始める /

※シュガーダディは18歳以上(高校生を除く)から利用可能です。

男性が「食事のみ」のパパ活から始めるべき理由

パパ活に対する認識が甘ければ「なんでそんなまどろっこしいことをするんだ?」「金を払ってヤレればいいのでは?」と思うかもしれない。

愚の骨頂である。

男性がまずはお茶や食事のみからパパ活を始める理由を解説していく。

体ありきではパパ活の醍醐味が失われる

繰り返すが、ただヤりたいだけなら風俗に行けばいい。その方がコスパも良いし、パパ活をする必要はない。

タダでセフレを作りたいなら出会い系サイトを使えばいいし、恋活や婚活をするならマッチングアプリにいけばいい。

パパ活とは女性をサポートして擬似恋愛を楽しむ、余裕のある男にしかできない遊びだ。結果的に仲良くなって男女の関係になるのが面白いのであって、ただ金をはらってヤる目的でパパ活をする意味がない。

体ありきでお手当が発生するのはただの売春なのだから、そこの線引きははっきりとしておくことをおすすめする。

パパ活サイトの売春女にろくな奴はいない

正直なところ、パパ活サイトで売春前提の募集をする女にロクな奴はいない。

「風俗で働くのは嫌だけど、なんかパパ活サイトなら簡単に稼げそう」という意識で参入しており、もはやトラブルの匂いしかしない女ばかりである。

いい女は、パパ活サイトで体を前提にした募集は絶対にしない。自分の価値をわかっているからだ。

同じサポートをするなら、価値が高く、いい女を探していただきたい。

パパ活で女性からモテる男性の条件

パパ活では、基本的には男性が女性を選ぶ立場ではあるが、とはいえ好かれるに越したことはない。

最終的には好かれなければいい思いはできないから「いいパパ」と思われる条件は理解しておいてほしい。

女性に使える金がある

収入が高いのは前提として、必要なのは「女性に使える金があるか否か」である。

例えば年収が5,000万あったとしても、ローンや投資、家に回す金が必要で月に50万円しか自由にできない男もいる。一方で年収が1,000万でも、会社にプールしている金は多く、買い物や食事、マンション代くらいならいくらでも経費として使える経営者もいる。

結局は「その女性にいくら金を使えるか」というところが、パパ活で女性からモテる上で大切なことである。

清潔感がある

これはどこにいっても書いてあると思うが、清潔感は大切だ。

金を持っていても汚ければ、やはりそういった関係にはなりにくい。風俗ならプロだから仕方なく相手してくれるかもしれないが、パパ活の女性はそうではない。自分の価値に見合う男しか相手にしないから、汚ければ普通に切られるか、使い捨てにされるだけである。

女性に使える金があるなら、まず自分の身なりを整えることをおすすめする。

言動が気持ち悪くない

パパ活をする女性の多くは「長く定期的にサポートしてくれる男性」を求めている。

長く一緒にいるということは、会話が楽しくないとダメだ。言動がやたらと自慢ばかりだったり、訳のわからない親父ギャグしか言わなかったりすると、当然ながらモテない。セクハラやモラハラなんてもってのほかである。

キャバなら「喋るだけ喋って満足してくれるからいいや」と思ってもらえるかもしれないが、パパ活はそうではない。

言動の気持ち悪さは、重々注意してほしいポイントである。

パパ活でいい女と出会うための注意点

ここでは、パパ活でいい女と出会うために注意しておきたいことをまとめた。

もしこれまであまり女性に縁がなかったなら、ぜひ以下のポイントも注意しておいてほしい。

無駄な「上から目線」は封印しろ

もし普段から周囲に横柄な態度をとっている自覚があるなら、パパ活においてその態度は封印したほうがいい。いい女は、本当の金持ちほど謙虚でトラブルを好まないことを知っているからだ。

どうでもいい上から目線な態度で接していると、いい女からは足元を見られて、むしろ手玉に取られてポイ捨てされるだけである。当然やれるところまでなんて辿り着けない。

こちらが相手を見定めるのと同時に、いい女からはこちらも見定められるのだと自覚しよう。

どうせパパ活するなら太っ腹にいけ

パパ活は、ある程度使える金に余裕のある男にだけ許された遊びだ。どうせやるならケチケチせず、太っ腹にいったほうが楽しいし、結果的にいい女と出会える。

もし女性にバッグの一つも買ってやれない程度の財力しかないなら、パパ活なんてやらずに単発で風俗にいけばいい。

「細かく値切ってなんとかして若い女としてヤりたい男」は女性から見抜かれるし、パパ活の界隈にいるべきではない。

SNSで探すのは絶対にやめろ

中にはパパ活サイトを使わず、TwitterなどのSNSでパパ活相手を探そうとする男性がいる。

これだけは本当にやめろ。万が一未成年なら本当に捕まる可能性があるし、トラブルになる確率が高い。

SNSで相手を募集している女には、まともなパパ活サイトに登録できないか、相手が見つからないような質の人間しかいない。そんな奴を相手にする必要はない。

男性向けパパ活Q&A

服装はどうすればいい?

センスに自信がなければ、無難にスーツかセットアップでいい。「イキった海外セレブオヤジ」みたいな格好は、多くの女性が内心引くだけだからやめた方がいい。

お手当はどのくらい用意すればいい?

顔合わせのお手当は、だいたい10,000円くらいが相場だ。メッセージ段階で擦り合わせをすることになるが、ここで下手にケチると結局いい女とは出会えないから、必要な投資だと思うといい。

お手当はどうやって渡せばいい?

ポチ袋にいれて現金で渡すか、最近ではペイペイなど個人情報の渡らない電子支払いも主流になっている。初回は現金でいいと思うが、定期になるなら相手の希望を聞くといいだろう。

パパ活のやり方まとめ

パパ活は、余裕のある男性にだけ許された遊びだ。

もし余裕がないならパパ活をする意味がないし、おそらく楽しくない。風俗でも行った方がいいだろう。

あるいは顔や見た目、トークに自信があれば、出会い系サイトでセフレを探した方が早いし安上がりである。

その点は理解して、ぜひ大人の嗜みとしてパパ活を始めてほしい。

仲間のパパやPJに教えてあげよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次