シュガーダディの年齢確認が認証されないときの対処法

パパ活アプリの「シュガーダディ」では、年齢確認で認証されない女性がとても多い。

よくTwitterでも「全然シュガダで認証されない」と叫ばれているが、これにはわかりやすい対処法がある。

当記事で解説する内容を理解して認証を進めれば、おそらく簡単に通るはずだから、ぜひ順序を守って試してみてほしい。

記事のまとめ
  • 基本的には「書類間違い」か「画像の加工」が原因
  • 強制退会の履歴があると、そもそも通らない可能性あり
  • どうしても承認されないなら、再登録するとスッと通ることもある

\ 無料で始める /

※シュガーダディは18歳以上(高校生を除く)から利用可能です。

目次

筆者プロフィール

ナカタ
パパ活アプリ無料案内所:所長
1978年生まれ。独身。早稲田大学卒。某大手人材企業で10年働いた後に、IT関連事業で起業。
2015年頃からパパ活を始め、これまで累計で100人以上の女性と会ってきた。現在は定期の30代女性1人と毎週食事にいき、たまに一緒に遠出をしてゴルフや旅行を楽しむ生活をしている。
気軽に稼げると勘違いしてパパ探しを始める女性や、簡単にヤれると勘違いして始める男性へと、パパ活のリアルを届けたいと思っている。

シュガーダディの年齢確認とは

シュガーダディの年齢確認は、正式名称「本人認証」というシステムだ。

他人に成りすましていないか、年齢が18歳以上で学生ではないかなど、利用規約に沿って利用できるユーザーなのか判定するために行われている。

利用者全員が安全にシュガーダディを使うために取り入れられているものだから、ルールを守って年齢確認を受けていこう。

シュガーダディで年齢確認に使える書類

シュガーダディの年齢確認に使える書類は、下記の通りだ。

シュガーダディの年齢確認で使える書類

運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、自衛官診療省、公の機関が発行した資格証明書

この中でも、とくに運転免許証やパスポートなど、顔写真のついた一般的な身分証がもっとも通りやすい。一方で顔の写っていない証明書や、資格証明書などは、その他の諸々の条件が重なると通りにくいことがある。

機械ではなく生身の人間(しかも毎日多くの身分証を確認してきているプロ)が認証確認しているから「なにか誤魔化そうとしている」と思われれば通らないのだ。

シュガーダディでは、身分証は年齢確認に使った後にサーバー上からすぐ削除される仕組みになっている。流出のリスクは考えられないから、普通に認証されやすい書類を使うことをおすすめする。

シュガーダディで男性側は「クレカ払い」で本人確認完了

なお男性側は、とくに難しく考える必要はない。クレジットカードで支払えば、その情報をもとに本人認証が完了する。

その後に「年収証明」を済ませるには他に書類を用意する必要があるが、まず利用するだけならクレカ払いさえできれば問題ない。

ここまでで解決できそうなら、さっそく試してほしい。

シュガーダディの年齢確認が認証されない理由

シュガーダディの年齢確認がどうしても認証されないなら、まず下記いずれかの理由に当てはまっていないか確認してほしい。

多くの場合、いずれかが理由で弾かれているだけである。

年齢確認に使えない身分証をアップしている

認証されないケースのほとんどが、そもそも年齢確認に使えない身分証を使ってしまっていることだ。

シュガーダディでは、下記の身分証は年齢確認に使えないルールになっている。

シュガーダディで年齢確認に使えない書類

社員証、学生証、マイナンバー通知カード、年金手帳、住民票、仮免許証、など

「年齢確認できない」と困っている多くの女性は、ルールを確認せずに上記いずれかの身分証を出していることが考えられる。

また盲点になりやすいところで「身分証の有効期限が切れている」という可能性もある。

まずは冷静に、自分がアップロードしている身分証が上記に該当していないか見直してみてほしい。

生年月日を間違えて登録している

登録するときに生年月日を間違えて登録してしまっていないだろうか。それでは身分証の生年月日と合わず、永遠に年齢確認は承認されない。

生年月日はあとから変更できないから、その場合は一度退会して、再度登録するしかない。

なお同じ電話番号を使うなら、退会後7日間は登録できないルールになっているから、早めに退会処理を済ませて再登録に備えると良いだろう。

シュガーダディの再登録ルール
出典:シュガーダディ公式

退会する場合は、下記の記事も参考にしてほしい。

身分証の撮影方法や内容がルールに沿っていない

シュガーダディでは、下記のように撮影され身分証は受け付けてもらえない。

  • 画像解像度が低い
  • ぼやけている
  • ブレている
  • 光や影が映っている
  • 画像が小さい
  • 暗いところで撮影している

とにかく「鮮明に写っている写真」を撮ってアップロードしよう。

身分証の一部を加工している

「身分証の顔を見られたくない」「この情報だけは隠したい」といった思惑で、必要ないであろうと自分で判断して、一部を加工して身分証をアップする人がいる。

それはルールで認められていないから、基本的に通らない。

なお保険証をアップロードするときは、下記のルールになっていることも見逃してはならない。

保険者番号/被保険者等記号/番号/枝番/QRコードを「直接」隠したものを撮影してください。画像加工・透けているものは不可です。

出典:シュガーダディ

もし加工した画像をアップロードしているなら、それが認証されない原因である。

アップロードに失敗している

年齢確認に対して、運営からうんともすんとも連絡が来ないなら、普通に画像のアップロードに失敗している可能性もある。

失敗したなら「失敗した」とお知らせがくるから、たとえば1日以上経って何も連絡が来ないなら、それはアップロードに失敗していると考えよう。

失敗しやすい原因は、画像のファイルサイズだろうか。対応ファイル形式は「13MB以内のJPG/GIF/PNG」となっている。

普通に写メで撮影しただけならここから逸れることはないと思うが、念の為確認してみると良い。

ニックネームやプロフィールが適切ではない

身分証がルールに沿っていたとしても、設定してあるニックネームやプロフィール文が「明らかにイタズラ目的」だと判断されると、通らない可能性がある。

これは理由としてはかなり少ないが、もし身分証に少し違和感があった場合、総合的に判断される可能性もある。

判断しているのは運営側のセキュリティに所属する生身の人間だから、これから真面目に使う予定なのだとわかるニックネームやプロフィールにしておくことも大切だ。

過去に強制退会されている

過去に強制退会させられたことがあれば、電話番号を変えて登録したとしても弾かれる。

その場合、残念ながら別のアプリを使うと良いだろう。

おすすめのパパ活アプリを見る

ここまでの情報で解決できそうなら、さっそく本人確認を試してみてほしい。

シュガーダディの年齢確認が認証されないときの対処法

ここまでの理由を理解しても、具体的にどのように対処すればわからないなら、下記の手順で再度年齢確認をしてみてほしい。

1. 鮮明な画質の身分証写真で再申請する

まずはシュガーダディで年齢確認に使える身分証を再確認して、鮮明な写真を撮って再度申請しよう。だいたいはこれで解決する。

加工をしてはいけないし、中途半端に一部が写らないように撮影してもいけない。普通に身分証の全体を鮮明に移して、そのままアップロードしてみてほしい。

だいたいはこれで解決する。

2. 健全なプロフィールを設定する

より万全を期すなら、再申請する前にプロフィールをきちんと設定しよう。

下記の条件を満たす健全なプロフィールにしておくと、年齢確認書類をチェックする運営側から見ても「真面目に使おうとしている人だな」と判断してもらいやすい可能性がある。

  • まず挨拶を書く
  • アプリを使う目的を書く
  • 趣味や募集している相手などをわかりやすく書く
  • 禁止されるNGワードを使わない

もし自信がない場合、下記の記事も参考にプロフィール文を見直してみてほしい。

3. 健全なプロフィール写真を登録する

さらに確実性を重視するなら、身分証と同じ見た目だとわかる顔写真を何枚か設定しておこう。写真の認証が降りていなくても、運営からは見れているから問題ない。

もちろんそのまま公開されることになるから、アップしても問題ない写真を設定しておくと良い。メインの顔写真1枚と、あとはスタイルがわかる写真、横顔の写真などバリエーションがあるのが理想だ。

4. 再登録する

何度見直しても弾かれるなら、そのアカウント自体が「イタズラ目的だ」と判断されてしまった可能性がある。

再登録をするには「退会して7日後に登録する」という手順を踏む必要はあるが、どうしても通らないなら、再登録を検討してみてほしい。

なおニックネームと生年月日は登録時にしか決められない。

適当なニックネームにしてしまっていたり、生年月日を適当に登録してしまっていたりする場合は、再登録時はしっかり考えて設定しよう。

シュガーダディは年齢確認があるからこそ安心して使える

シュガーダディで年齢確認が通らないからといって、たとえばSNSなどの本人認証のないサービスで相手を探すのはおすすめできない。

そんなところで相手を探す人間は、たとえば強制退会されたことがあったりして、同じくアプリの認証が通らないような人ばかりだからだ。そんな危険な人物と出会おうとする必要はない。

老舗&大手サイトのシュガーダディで、しっかりと年齢確認を通して、安全に相手を探していってほしい。

仲間のパパやPJに教えてあげよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次