50代女性はパパ活できる?お手当相場やパパの探し方、注意点を解説

「ちょっとでも生活費の足しにしたいからパパ活を始めたいけれど、もう50代だし、きっと需要ないんだろうな」

そんな風に考えているなら、基本的には正しい。しかし需要はゼロではないし、50代でも実際にパパ活で稼いでいる女性はいる。

筆者の人生の先輩とも言える、70歳近い経営者の男性が知り合いにいるが、その方は事実として50代の女性を囲っている。

70代からすれば50代はそれなりに若いのだ。50代でパパ活をするなら、その視点を忘れてはいけない。

今回はそんな、50代女性のパパ活事情について解説していく。

目次

筆者プロフィール

ナカタ
パパ活アプリ無料案内所:所長
1978年生まれ。独身。早稲田大学卒。某大手人材企業で10年働いた後に、IT関連事業で起業。
2015年頃からパパ活を始め、これまで累計で100人以上の女性と会ってきた。現在は定期の30代女性1人と毎週食事にいき、たまに一緒に遠出をしてゴルフや旅行を楽しむ生活をしている。
気軽に稼げると勘違いしてパパ探しを始める女性や、簡単にヤれると勘違いして始める男性へと、パパ活のリアルを届けたいと思っている。

50代女性でもパパ活できる?

50代女性でも、パパ活はできる。ただしもちろん、20代や30代の女性よりもパパを見つけるのは大変だ。

基本的には若い女性をサポートすることを楽しむパパが多いし、パパのコアな年齢層は40代〜60代だ。それらの年代のパパから、50代の女性は選ばれない。

だから狙うのは70代の熟練パパだ。その年代になると、新規で20代や30代の女子を相手にするのに疲れている男性がいる。そこを狙おう。

アプリやサイトでパパを探すときは、できるだけ年上の男性を探すことをおすすめする。

50代女性がパパ活する際のお手当相場

ここで気になるのが、50代女性が受け取れるお手当の相場だ。

とはいえ50代になると、パパとの関係性によって相場が大きく変わってくる。20代〜30代だと、ある程度決まった目安があるのだが、そういった一般論が参考にならないことも多い。

というわけで、あくまで「50代女性が新規パパと出会ったばかりの状態の相場目安」ということで参考にしてほしいのだが、大体下記のような内容だ。

デート内容50代のお手当相場
都心部
50代のお手当相場
地方
顔合わせ0円〜10,000円0円〜10,000円
茶飯のみ(お茶・ランチ・ディナーなど)5,000円〜20,000円5,000円〜10,000円
半日〜1日デート(ゴルフなど)10,000円〜30,000円10,000円〜20,000円
旅行デート10,000円〜50,000円10,000円〜30,000円

ちなみに知り合いの70代男性は、50代女性に住む場所もサポートしている。「なんかオートロックのないマンションに住んでたからさ、心配じゃない」と言っていた。近くに住まわせているらしい。

女性には身の回りの世話のようなこともしてもらっているようで、「もはや介護の域では?」とも思ったが、パパ活の形は人それぞれである。

50代女性がパパ活相手を探す方法

それでは、50代女性がパパ活相手を探す方法について解説していく。

パパ活アプリ・サイト

50代女性がパパを探すときに本命になるのが、パパ活専用アプリやサイトだ。

地域に交際クラブなどは年齢制限がかかっていることが多いが、アプリならその制限はない。そして一部だが、50代女性の利用者も確かにいるのだ。

利用者数が圧倒的に多いパパ活サイト「シュガーダディ」の公表データでは、50代女性が1%、70代男性も1%存在するとされている。

出典:シュガーダディ

「たったの1%か」と思うかもしれないが、シュガーダディはとにかく利用者数が多いし、ほぼ全員がパパ活目的である。

仮に全体の利用者が10万人いたとして、1000人もいる。女性の方が多いとしても、数百人のリッチな70代パパがいるのだ。

シュガーダディ以外はもう少し男性の年齢層が下がる可能性はあるが、下記のようなパパ活アプリ・サイトでパパを探すことをおすすめする。

PICK UP!
パパ活アプリ
特徴

シュガーダディ
「パパ活といえばシュガーダディ」というくらいの定番サイト。
とにかくパパ活女子が多くてアポ取りがしやすいため、サクッと相手を探すならココ。

公式サイトを見る

ペイターズ
太パパ探しに人気のパパ活アプリ。
女性の6割以上が20代前半で、CAやモデルなどハイスペ女子と出会えると評判。

公式サイトを見る

ラブアン
女性が動画プロフを設定でき、オンライン顔合わせ機能も楽しい!
いま勢いのあるパパ活サイト。

公式サイトを見る

ミドル層向けの出会いサイト

次に、ミドル以降の人が集まる出会いサイトにもチャンスがある。

有名なのが、老舗のミドル層向け出会いサイト「華の会」だ。ここは30代以降しか登録できず、実態として40代〜50代の利用者がかなり多い。

パパ活目的の男性は少ないのだが、もしあなたの目的が「シンプルに収入の高い男性と出会っていい生活をしたい」ということなら、ここで相手を探すのも悪くない。

パパ活を始めたい目的にもよるが、このようなミドル向けの出会いサイトも検討してみてほしい。

交際クラブ

かなり見た目に自信がある方は、交際クラブに登録するのも良いかもしれない。

50代女性の需要は決して多いとは言えないが、ゼロではない。老舗の交際クラブ「ユニバース倶楽部」の女性会員データが、下記の通りだ。

出典:ユニバースクラブ

50代以上女性も1.5%いて、オファーを受けている方は受けている。もちろん若い方がオファーを受けられる可能性は高くなるが、そこは割り切っておいた方が良い。

写真写りに自信があれば、登録しておこう。

50代女性がパパ活で稼ぐコツと注意点

最後に、50代女性がパパ活で稼ぐコツや注意点について解説しておく。

ひとまわり以上年上の男性を狙う

何度もお伝えしているが、原則として年上の男性を狙うことをおすすめする。理想は70代だが、ひと回り上なら60代でもいいかもしれない。

純粋に年上の男性からの需要の方が大きいということもあるが、まだ50代の男性は性欲ファーストで相手を探していることも多いから、その点でもニーズが合わないことが多い。

身だしなみは清潔感と年相応のバランス感を大切に

50代の女性は、人によって見た目に大きな違いが出ている。

言葉を選ばずにいうと、汚い身なりでパパ活をするのは不可能だ。しかしそこを勘違いして、変に若作りしていても需要がないし、気持ち悪いと思われるだけだ。

程よい清潔感と年相応のファッションやメイクに気をつけて、リッチなパパに不快感を与えない程度の身だしなみを整えることをおすすめする。

50代女性のパパ活事情まとめ

50代女性がパパ活をするとき、新規パパを次々に見つけるのは難しい。一人ひとり丁寧に接して、関係性の深い相手を見つけていくのが良いだろう。

お互いの婚姻状況にもよるだろうが、よきパートナーのような関係性になれれば、太く長い付き合いになることも多い。

最初はうまくいかなくてもあきらめずに、年上のパパを探してみてほしい。

PICK UP!
パパ活アプリ
特徴

シュガーダディ
「パパ活といえばシュガーダディ」というくらいの定番サイト。
とにかくパパ活女子が多くてアポ取りがしやすいため、サクッと相手を探すならココ。

公式サイトを見る

ペイターズ
太パパ探しに人気のパパ活アプリ。
女性の6割以上が20代前半で、CAやモデルなどハイスペ女子と出会えると評判。

公式サイトを見る

ラブアン
女性が動画プロフを設定でき、オンライン顔合わせ機能も楽しい!
いま勢いのあるパパ活サイト。

公式サイトを見る
仲間のパパやPJに教えてあげよう
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次