海外発送/国際配送サービスの転送コム

クーポン

モバコレTOP > カラコンの使用上の注意点!!

かわいい、安いだけでは危険!
カラコンは、高度医療機器として薬事法の規制対象となっており、カラコンの販売には、都道府県知事による販売業の許可、販売管理者の設置が義務付けられています。近年、海外に拠点を置き販売許可を必要としない、海外からカラコンを発送するサイトも多く存在しておりますが、こういった海外経由で購入したカラコンによるトラブルが増加しております。株式会社モバコレは、日本国内で正規に流通し、薬事法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされた商品のみを販売しております。
必ず眼科医の処方に従って購入してください。
安全にコンタクトレンズ装用を続けるために、医師に指示された装用方法・使用時間を正しく守りましょう。レンズの装用に慣れるまでのスケジュールは個人差がありますので、眼科医の指示を守り、無理のないスケジュールで装用してください。医師に指示された装用時間内であっても、違和感や刺激があるときは装用を中止して速やかに眼科で診察を受けてください。安全で快適にレンズをご使用していても、3ヶ月ごとまたは眼科医の指示に従って定期検診を必ず受けてください。特に異常を感じなくても、目に傷がついていたり、目のトラブルが進行している場合もあります。目の健康を保つために必ず眼科医の定期検診を受けて、眼科医の指示に従い安全に装用をしてください。
また、使用時には添付文書や取扱説明書を必ず読んで使用しましょう。取扱いを誤ると、レンズに傷がついたり破損することもあり、そのようなレンズを使うと、今後は目にキズがつくなどのトラブルの原因となることがあります。

大切な目を守るために。始めてカラコンを使う方へ

まずは眼科で検査を受けましょう。
コンタクトレンズは視力や角膜のカーブだけではなく、眼疾患の有無や健康状態、涙の量 やコンタクトレンズの動き、使用目的や使用環境など
総合的に考えて眼科医が処方します。診断の結果、実はカラコンが使用できない人もいます。
定期検査を受けてください。
自覚症状がなく、調子よく装用していても目やレンズにキズがついたり眼障害が進行していることがあります。
異常がなくても眼科医に指示された定期検査を必ず受けてください。
指示された使用時間を守ってください。
レンズの装用に慣れるまでのスケジュールは個人差がありますので、眼科医の指示を守り、無理のないスケジュールで装用してください。
レンズを初めて装用する場合は、装用する時間を眼科医に相談し、徐々に装用時間をのばし、レンズに慣れてください。
異常を感じたらすぐにレンズを外してください。
眼科医に指示された装用時間内であっても、違和感や刺激があるときは装用を中止して眼科で診察を受けてください。

カラコンを使うみなさまに必ず守っていただきたいこと

装用時間を正しく守りましょう。
眼科医の指示に従い装用時間や装用スケジュールを守りましょう。
就寝の際は必ずレンズをはずしてください。連続装用はしないでください。装用時間を正しく守らないと、眼障害につながる危険性が高まります。
定期検査を受けてください。
特に異常を感じなくても、目に傷がついていたり、目のトラブルが進行している場合もあります。
目の健康を保つために必ず眼科医の定期検診を受けて、眼科医の指示に従い装用をしてください。
正しくケアをしてください。
カラコンを使用した後は必ずケアが必要です。きちんと【こすり洗い】をしましょう。レンズやケア用品の取扱方法を誤ると眼障害につながることがあります。
カラーコンタクトレンズは煮沸消毒できません。コールド消毒専用です。ケア用品の添付文書をよく読みケアを行ってください。
レンズケースは常に清潔を保ち使用してください。コンタクトレンズはレンズとともにケア用品(特にレンズ保持ケース)を常に清潔に保ち、
正しい取扱方法を守ってください。
交換時期を正しく守ってください。
コンタクトレンズの種類ごとに決まったレンズの交換時期があります。使用する種類に応じて定期的なレンズ交換を行ってください。
実際の交換時期はレンズの劣化状況、汚れ具合などで変わりますので、眼科医の指示に従ってください。
清潔な手でレンズを取り扱いましょう。
レンズをつける時、はずす時には必ず石鹸で手を洗いましょう。目の周辺のメイクにも十分ご注意ください。メイクの前に装用して、
化粧品が付いた手で触れないでください。レンズを取り扱うときはレンズが破損する場合がありますので、爪を立てたり、ねじったり、
折り曲げたりしないように気をつけてください。
お友達とのレンズの貸し借りは絶対にしないでください。
必ず購入されたご本人が、レンズの添付文書をよく読んでご使用ください。お友達と貸し借りをすると、
レンズを介して病気に感染したり、レンズが合わず目に障害を起こすことがありますので、絶対にやめてください。
レンズをなめたり、口に入れたりしないでください。
口の中にはたくさんの雑菌が存在しています。雑菌がついた状態でレンズを装用すると、感染症の原因になることがあります。
自動車などの乗り物の運転、スポーツ、夜間には使えません。
レンズの周辺に色がついているため、見えにくくなる場合があります。オートバイ、自転車の運転、機械類の操作はレンズをはずしてから行ってください。
夜間の車やオートバイ、自転車の運転、機械類の操作には不向きですのでレンズをはずしてから行ってください。
水道水は絶対に使わないでください。
レンズの保存液に水道水は絶対に使わないでください。レンズが変形したり、アカントアメーバ感染の危険があります。

レンズの使用方法

カラーコンタクトレンズは、目に直接のせるものですので、
清潔・衛生・安全面には特に注意してお使いください。それらを怠ると、眼障害の原因に繋がる事がありますので、
このページや商品の添付文書をよく読みきちんと守ってください。

レンズの確認
レンズの確認
①レンズに異物の付着、傷、破損、汚れ、変形、変色などの異常がないか確認してください。これらの異常があるレンズは絶対に使用しないでください。
②レンズの裏表、左右を確認してください。
レンズを外した後の正しいケア方法
※1DAYタイプのレンズは除く
①レンズケースにケア用品を満たし、手を石鹸で洗い、はずしたコンタクトを手のひらに載せ、ケア用品の液を3~5滴落として約10秒間こすり洗いします。裏面も同様にケア用品の液を3~5滴落として約10秒間こすり洗いします。(爪を立てないように気をつけてください)
※洗浄方法は、お使いの洗浄保存液の取り扱い説明書をお読みの上、ご使用をお願い致します。
②レンズの表面をケア用品の液ですすぎ、表面の残留物を充分に取り除きます。液を満たしたレンズケースにレンズを入れ、レンズがケースからはみ出ていないかを確認し、キャップをしっかり閉めて4時間以上放置します。
レンズのつけ方
レンズのつけ方
①レンズを利き手の人差し指の先にのせ、レンズをチェックします。手と指の水分をよくふきとっておくとレンズをつけやすくなります。
②同じ手の中指(または人差し指)でまぶたを開き、まばたきをしないようにしっかり引き下げます。このときまつげも一緒に押さえるとスムーズにひらきます。
③もう一方の手の中指で上まぶたを開き、ふちをしっかり引き上げます。
④両眼でまっすぐ前を見たまま、レンズを黒目の上にのせます。このとき決して黒目にレンズを押しつけないでください。 眼に傷をつける場合があります。 レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくりと指をはなします。このとき急に指を離したり、強くまばたきをするとレンズがずれる場合があります。
⑤レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくり指をはなします。
⑥二、三回軽くまばたきをします。
レンズのはずし方
レンズのはずし方
①レンズをはずす前に手・指を石鹸できれいに洗って充分すすいでください。
爪は短く、なめらかにしておいてください。
②鏡を見て、レンズの位置を確認してから、黒目が上方に向くように鏡を見上げます。
③利き手の中指で下まぶたを軽く引き下げます。
④そのままの状態で利き手の親指と人差し指でレンズを軽くつまみレンズを外します。レンズをつまむときに指先や爪が直接、眼に触れないようにしてください。眼に傷をつける場合があります。 レンズが乾燥していると、はずれにくくなります。このようなときは、何回か強くまばたきをして涙を多く出すか、眼科医の指示に従い人口涙液などを点眼すると、はずれやすくなります。無理にはずさないでください。

返品・交換について

【不良品・誤発送による返品・交換】
  • コンタクトレンズの初期不良は、各メーカーによって対応が異なりますので、
    商品到着後7日以内にお手数ですがカスタマーサポートまでご連絡ください。
  • 万が一こちらで誤発送をしてしまった場合は、商品到着後7日以内に大変お手数ですがカスタマーサポートまでご連絡ください。

次の商品の返品、交換はお受けできませんので、ご了承ください。

  • ●一度ご使用された商品
  • ●お客様の責任で商品に傷、または破損が生じた場合
  • ●レンズの度数のご注文間違い
  • ●カラーやデザインのイメージ違い
【お願い】
コンタクトレンズは、非常にデリケートな高度医療機器です。ご使用方法の誤りによる商品破損の場合、返品交換はお受け出来ません。

レンズに関してのよくあるお問い合わせはこちらをご確認ください。

カラコン販売に戻る